スポンサードリンク

2009年03月28日

三洋と新日本石油の共同プロジェクト

三洋電機と新日本石油は去る2009年1月23日、
薄膜太陽電池の製造および販売を行う合弁会社「三洋ENEOSソーラー」の設立を発表した。
2010年度内に80MW規模の生産および販売を開始し、2015年度には国内外合わせて1GW規模、
2020年度には2GW規模の生産拡大を目指す。

日本の大手2社の壮大なプロジェクトは、三洋電機が結晶シリコン系太陽電池で世界一(2009年1月現在)の
セル変換効率を誇るHIT太陽電池の要素技術や薄膜太陽電池の基礎技術、
そして新日本石油の石油精製やガス原材料技術を強みとし、
加えて新日本石油が持つ中東産油国との強い信頼関係を引き継ぐことで、
早期の事業化および高性能な薄膜太陽電池の供給を進めていく。

 新会社設立に伴う資本金は2億円で、出資比率は同社同率(三洋電機50%、新日本石油50%)。
低炭素社会の実現へ向けた太陽電池事業の活性化が期待される。



アクセスアップ
アクセスアップ
posted by ひのまる at 03:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界最大の太陽光発電所が誕生

アメリカ、サンフランシスコに本社を置く電力会社のPG&E(パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック)は800MWの太陽光発電所を建設すると発表した。

現在、世界最大と言われている太陽光発電所はスペインのもので、なんとその総出力は23MWもある。

しかし、今後建設予定のものでは、ドイツに40MW、オーストリアに154MWの発電所の計画が控えている。
2010年から一部で発電を開始し、2012〜2013年に完成を目指す。

この2つの発電所でカリフォルニア住民23万9,000戸の電気の年間使用量をまかなう予定。
世界各国で太陽光発電の壮大なプロジェクトが始動している。

地球環境にたいして真剣に対応してきている証拠である。

アクセスアップ
アクセスアップ
posted by ひのまる at 02:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

世界最大の自動車部品メーカーのボッシュグループ 太陽光発電事業に5億3000万ユーロを投資

世界最大の自動車部品メーカー ボッシュ(Bosch)グループの再生可能エネルギー分野への事業拡大がとまらない。
Bosch グループは2008年に買収した、ヨーロッパ有数の太陽電池メーカー ersol Solar Energy AG とともに、
アルンシュタット拠点(ドイツ)の結晶太陽電池とモジュールの生産能力を拡張すると発表した。
このプロジェクトには、今後2012年までに約5億3,000万ユーロが投資される。

ロバート・ボッシュ GmbH 取締役会副会長で ersol Solar Energy AG 監査委員会会長を兼務するジークフリード・ダイス(Dr. Siegfried Dais)は
「この投資は、今後数年間で再生可能エネルギー分野での事業を大きく拡大していくという私たち Bosch の戦略的目標を強化する。」と述べた。

今回の投資により、ersol Solar Energy AG は、結晶分野での現在の製造能力である630メガワットピークの3倍(1,89ギガワットピーク)が見込まれ、
それによって成長曲線が大きく加速されると期待されている。
2008年1月〜9月の9ヶ月間の ersol 社の売上高累計は2億1,400万ユーロに達しており、
これは前年同期比のほぼ2倍に相当する。

年間売上高は、2008年度は3億ユーロを、2009年は4億ユーロを上回ると予想されている。
アクセスアップ
posted by ひのまる at 23:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。