スポンサードリンク

2009年07月07日

太陽電池一体型などLED照明10機種を発表

住宅用・企業用太陽光発電が取り上げられる中、シャープは2009年3月27日、

多結晶太陽電池パネルとLEDを組み合わせたソーラー・LED照明灯4機種とLED防犯灯2機種、LED照明灯2機種の計10機種を発表した。

いずれも屋外向けで、CO2を排出量しない省エネ・環境対策を意識した照明だ。
27sharp_icon.jpg
発光効率を約30%向上した白色LEDと、光を広範囲に照射できる新開発のLEDレンズを採用。その結果、120Wクラスの太陽電池を使用した屋外用LED照明としては業界トップクラスとなる、照明光量(器具光束)約1800lm(ルーメン)を実現

また、広範囲の光照射を可能にしたことで、1灯当たりの設置間隔を32mに拡大。

40W出力の水銀灯と比較すると、1km当たりの設置数は水銀灯が84灯に対し、ソーラー・LED照明灯は半分以下の32灯で同等の光量を提供できるという。

これは年間の電気料金に換算すると約29万円、CO2は約8トンの削減になる。

 さらに、災害時に非常灯として機能するための感震センサーを搭載。震度5以上の地震が発生した場合には直ちに内蔵バッテリーが作動し、震災日から終日2日間、蓄電池の容量がなくなるまで、フルに点灯し続けるようにした。
posted by ひのまる at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

日本の窓口でも太陽光発電

日本の玄関ともいえる羽田空港が来年3月より、旅客ターミナルビルに太陽光発電システムを導入する。

 同ビルを管理運営する日本空港ビルデング(大田区羽田空港3)が3月25日、都のCO2削減義務化条例の制定を受け、公共性の高い空港ターミナルビルにおける自然エネルギーの活用が社会的使命として求められていることなどを考慮して導入を決めたもの。

羽田空港における大規模な太陽光発電システムの導入は初めてになるが、太陽光発電の設置場所は第1旅客ターミナルビル屋上に4カ所、第2旅客ターミナルビル屋上に2カ所、P4・立体駐車場の屋上1カ所に設置す
る。 

設置面積は合計約3,000坪で、総発電容量は1,240キロワット。
年間439トンのCO2の削減につながるという。

電力供給は2010年3月から順次開始予定で、システムの詳細と導入については東京電力グループが協力する
posted by ひのまる at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

補助金復活!!買取倍額・・・でも

太陽光発電、電力買取額は倍に。補助金も復活で買い時は?

太陽光発電への補助金制度が復活した。
その額は、太陽光発電システムを購入する1世帯当たり約20万円。
具体的には、1kW当たり7万円を補助する計画なので、標準的な3.5kWのシステムでは24万5000円相当。

標準的な機器が230万円前後だから、約1割安くなる計算だ。
私たちが4年前に購入した際には総額4万円弱だったことを考えると
かなりの増額といえよう。

ドイツでは「フィードインタリフ」という電力買い取り制度があり、太陽光で発電した電力を約3倍の価格で買い取ってもらえる。

発電した電力が高く売れることが導入のモチベーションとなり、太陽光発電は急速に普及した。

日本でも同様の制度を期待する声があったが、経済産業省は2月、現行の電力買取価格を2倍程度に引き上げる制度の導入を発表した。

2010年に実施する方針で、実現すると買い取り価格は50円/kWh程度になる見込み。

これは、政府が電力会社に対して「高値での買い取り」を義務付けるもので、期間は10年程度。

この高値の電力買い取り制度と設置費用への補助金制度とを活用すれば、初期費用の回収期間がぐんと短縮する。

 日本の太陽光発電の普及は、補助金の影響を強く受けてきた。

2000年代前半に230億円規模の補助金が出た時はシステムの導入件数も右肩上がりだったが、補助金が打ち切られた06、07年度には前年割れが続いた。
「補助金復活で導入に弾みが付く」と期待もあるが、果たしてどうなるか。
実際、補助金で“1割引”になったとしても、200万円はけして安い買い物ではない。

搭載キロ数によっては、太陽光発電による電気代の削減分で元を取ろうとすれば、20年前後かかるといわれる。

現在購入を考えている方もすでに購入した方もこれはいいニュースといえるが、まだまだECO精神に期待といった金額ではある。
posted by ひのまる at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王将にも太陽電池設置!!

なんと餃子の王将で有名な王将フードサービスは3月23日、
餃子の王将の宝ヶ池店(京都市左京区)と三雲店(滋賀県湖南市)に、京セラが供給する太陽光発電システムを導入したと発表した。

宝ヶ池店には10kW、三雲店には9.2kWの太陽光発電システムを導入し、エコ店舗として営業を開始した。

同システムで発電した電力は、店内で使用する照明などの電力の一部として使い、店内には、太陽光発電システムによる発電電力量をリアルタイムに表示する発電モニターを設置している。

宝ヶ池店では、看板・店内照明の年間使用電力約34,000kWh/年の約3割をカバーできる見込みで、三雲店は、同様に年間使用電力約28,500kWh/年の約3割をカバーできるという。

近い将来、太陽光の発電で餃子が食べられるかも(笑)
posted by ひのまる at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

太陽電池でノートPC充電できちゃう!?

充電用のソーラーパネルを備えたノートPC向けの外付けバッテリー「MUG-20KSB(BK)」が発売された。

実売価格は29,800円と少々高めにはなっていますが
 この製品はノートPCなどと組み合わせて使う外付けタイプの薄型リチウムポリマーバッテリー。
ソーラーパネルを備えており、本体のみでの充電も可能。

販売している店舗ではバッテリ容量は20,000mAh/3.7Vで、「VAIO type Tが4時間動作した」という。

 電源出力コネクタの形状変換アダプタはソニー製ノートPC用、東芝製ノートPC用、iPod/iPhone用など多数が付属。

出力電圧は16V/19V/22V/24V(各4A)の切り替え式。このほか、USB機器に電力を供給できるUSBポート(最大500mA)を本体側面に備えているほか、蚊などの虫を寄せ付けにくくする超音波発生機能も内蔵しているという。

 本体サイズは282×205×18mmで、がっしりとした樹脂製の筐体が印象的。裏面にはゴム足などもついている。重量は約1kgとのこと。専用キャリングバッグも付属している。
ssla1.jpg
環境にもやさしいし、特に電源の取れない場所では活躍しそうですが・・・1kgはちょっと・・・・

posted by ひのまる at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

駐輪場にこんなものが!!!

ついにここまできた太陽光システム・・・
三洋電機は2009年3月18日、徳島県庁に設置を進めていた「ソーラー駐輪場」が完成したと発表した。

今まで、電気スタンドは各地に広まりつつあるが、今回の駐輪場タイプの太陽光発電システムは画期的といえるでしょう。

 ソーラー駐輪場は、徳島県庁内にある駐輪場の屋根の一部に、三洋電機が開発・製造を手掛けるHIT太陽電池パネルを3枚設置したもの。

HIT太陽電池は、材料に結晶シリコン基板とアモルファスシリコン薄膜を用いて形成したハイブリッド型の太陽電池で、セル当たりの発電効率は量産レベルで19.7%と、2009年3月時点で世界1位を誇る。HIT太陽電池パネル3枚分の年間発電量は約690kWh。

 今回完成したソーラー駐輪場は、HIT太陽電池で発電した電気を、備え付けのリチウムイオン蓄電システムに蓄電し、電動ハイブリッド自転車の電池を充電する。

18sanyo2_02.jpg
リチウムイオン蓄電システムにACコンセントを搭載していることから、緊急時には非常用電源として、外部機器へ電源を供給することも可能だという。

いずれは簡易型のスタンドもできるといいですなぁ♪
posted by ひのまる at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。