スポンサードリンク

2009年04月04日

サムスン、太陽光発電が可能な携帯電話を発表

ECOの技術は携帯電話にまで進んできた。

bluees.jpg
サムスン電子は、海外市場向けの携帯電話として、太陽光発電パネルを備えた携帯電話「Blue Earth」を発表した。

 「Blue Earth」は、タッチパネルによる操作を中心にしたサムスン電子のグローバルモデル。
背面に搭載された太陽光発電パネルにより、いつでもどこでも通話できるとしている。
また、ボディ、パッケージ外装、充電器などにリサイクル素材が使われるほか、素材から地球環境に対する有害物質を排除。

低消費電力モードを備えるほか、歩数計による散歩モードでは、自動車で移動した場合と比べて二酸化炭素排出量をどれだけ削減できたかを示す機能も備える。

確かにエアコンや家電にばかり省エネの注目が集まっているが、今や一人1台の時代になった携帯電話の充電の電気量もけして馬鹿にできないと言えるだろう。
posted by ひのまる at 00:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。