スポンサードリンク

2009年07月07日

太陽電池一体型などLED照明10機種を発表

住宅用・企業用太陽光発電が取り上げられる中、シャープは2009年3月27日、

多結晶太陽電池パネルとLEDを組み合わせたソーラー・LED照明灯4機種とLED防犯灯2機種、LED照明灯2機種の計10機種を発表した。

いずれも屋外向けで、CO2を排出量しない省エネ・環境対策を意識した照明だ。
27sharp_icon.jpg
発光効率を約30%向上した白色LEDと、光を広範囲に照射できる新開発のLEDレンズを採用。その結果、120Wクラスの太陽電池を使用した屋外用LED照明としては業界トップクラスとなる、照明光量(器具光束)約1800lm(ルーメン)を実現

また、広範囲の光照射を可能にしたことで、1灯当たりの設置間隔を32mに拡大。

40W出力の水銀灯と比較すると、1km当たりの設置数は水銀灯が84灯に対し、ソーラー・LED照明灯は半分以下の32灯で同等の光量を提供できるという。

これは年間の電気料金に換算すると約29万円、CO2は約8トンの削減になる。

 さらに、災害時に非常灯として機能するための感震センサーを搭載。震度5以上の地震が発生した場合には直ちに内蔵バッテリーが作動し、震災日から終日2日間、蓄電池の容量がなくなるまで、フルに点灯し続けるようにした。
posted by ひのまる at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。