スポンサードリンク

2007年10月06日

「プリンターで自作可能」ナノテク太陽電池

太陽光発電の難点は、導入費用がひどく高くつくことだ。地球のあらゆる地点で利用できる無料のエネルギー源があると言っても、導入できなければ意味がない。ソーラーパネルの低価格化は至上命題となっている。その方法が見付かれば、事態は一変するはずだ。

そのための一歩前進となる研究成果が発表された。ニュージャージー工科大学の研究者たちが、柔軟なプラスチック板に塗布または印刷が可能な低コストの太陽電池を開発したのだ。

製造工程が非常に簡単なため、将来的には家庭用の安価なインクジェット・プリンターで自前の太陽電池を印刷できるようになるかもしれないと、研究者たちは述べている。それが本当なら、印刷した太陽電池を自宅の屋根に並べるだけで、自家発電が可能になるのだ。

この研究は『ポリマーバルクへテロ接合型光電池のためのフラーレン単層カーボン・ナノチューブ複合体』と題した論文にまとめられ、英国王立化学協会が発行する『Journal of Materials Chemistry』誌の2007年6月21日号の巻頭を飾った。

従来の太陽電池が高純度シリコンを材料とするのに対し、この太陽電池は、有機化合物のカーボン・ナノチューブとカーボン・フラーレン(別名バッキーボール)を材料としている。

仕組みはこうだ。ナノチューブとバッキーボールを、互いを補完するような構造に配列する。光子(光の素粒子)がこの素材にぶつかると、電子が発生し、バッキーボールに捕えられる。

ナノチューブは配線と同じように働き、電子を取り出すため、バッキーボールはさらに電子を捕えることが可能になる。こうして生じる電子をすべて集めると、家庭用の電力が得られるというわけだ。

もちろん、研究者らの願いは、この太陽電池が将来的にいたるところで利用されるようになることだ。今回の論文の筆頭執筆者であるSomenath Mitra教授は、ニュージャージー工科大学のプレスリリースの中でこう述べている。

「この固有の組み合わせを有機太陽電池の製作に利用することで、塗布法による太陽電池の効率を高めることができる。この製法が、安価なエネルギーの選択肢の1つとして、いつか世界中の家庭で利用されるようになることを期待している」
posted by ひのまる at 23:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。